アピールしたい経験

どんな職種でも、転職をする際にはどれだけ自分のことをアピールできるかが採用の鍵となってきますよね。最近では書類選考などを行っているところが増えてきていますから、職務経歴書によるアピールなども重要なポイントとなってくるでしょう。しかし、「アピールってどうすれば良いの?」と思っている方も多いと思います。

介護の仕事をしている方はそれぞれ経験年数などは異なると思いますが、様々な経験をしてきていると思います。仕事での経験というのは、自分にとっては財産の様なもの。この財産をしっかりとアピールすることが出来れば、採用担当者の心を掴むことが出来るでしょう。しかし、どういった経験をアピールすれば良いのだろう?と思われる方も多いと思います。例えば、『介護職に欠かせないコミュニケーションスキルとしてどういった仕事を経験しスキルアップを目指してきたのか』、『利用者の方へどれだけの満足度を与えることが出来たのか』などを具体的にアピールすると良いでしょう。また、施設によってはより良いサービスを提供するために、スタッフ同士が話し合い、提案していくこともあると思います。自分のアイディアが採用された経験があれば、これらの内容なども詳しくアピールすることが出来ると良いでしょう。アピールをする際には、具体的な内容を的確に伝えることも大切です。長々と伝えるのではなく、単的にまとめることも重要となるでしょう。職務経歴書、面接の準備をする際には、一度紙に書き出して内容をまとめておくと良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website