転職理由は正直すぎてもダメ

介護職だけではなく、転職をする際にはそれぞれ転職理由があると思います。様々な理由により転職を考えることになると思いますが、この転職理由は職務経歴書や面接などでどの様に伝えていますか。「正直に転職理由を伝えている」という方もいると思いますが、内容によってはその理由がネックとなり、採用を逃してしまっている可能性もありますよ。

履歴書や職務経歴書では、転職理由などを記載することもあると思います。正直な方であれば、「収入をアップさせたい」といった内容を記載している方もいると思いますが、転職活動時には時には言い方を変えることも必要です。収入アップのためと伝えてしまえば、「収入だけが理由かぁ」とがっかりさせてしまいます。介護職としての転職理由としては、「この施設の介護に対する姿勢に共感しました」といった、仕事に対する内容を記載することが理想的です。職場見学をした方であれば、「働いているスタッフの方が生き生きとして仕事をしているのを見て、自分もここで仕事をしたいと思いました」と伝えることで、良い印象を与えることが出来るでしょう。研修制度などが整っている施設であれば、「この施設であれば、スキルアップが出来ると感じました」といった内容であれば、採用担当者の目を引くことが出来るはずですよ。人間関係を解消するために転職を考えている方も、その内容を素直に伝えてしまうと「コミュニケーション力が不足しているのかもしれない」と思われてしまう可能性もあるため、仕事に関わる転職理由を伝えると良いですよ。転職理由は、人それぞれだとは思いますが、正直な理由を伝えることだけが良いわけではないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website